とっとり115目合わせ会

原木栽培, 椎茸栽培

椎茸もいよいよ本格発生に入ってきました。

そんななかで、

とっとり115目合わせ会

が菌蕈研究所で開かれました。

「目合わせ会」とは、

鳥取県産原木しいたけの本格出荷を前に、椎茸生産者が販売される見込みの椎茸を持参し、流通・

販売関係者とともに販売規格と品柄を確認することです。

各生産者が販売するとき、同じブランドシールを貼っているのに形やらサイズやらが違っては消費

者が???になってしまうので、販売前に集まって規格を再確認します。

今回は「とっとり115」規格の目合わせ。

へこみ、えくぼ、キズ等がなく傘短径5センチ以上、フチ巻き込み0.5ミリ以上が規格です。

Posted by inkinken