ゼリ財団プロジェクト

ゼリ財団プロジェクト

 統合バイオシステム・プロジェクト


 フィージー諸島モントフォート・ボーイズ・タウンにおける実践例

■水耕栽培


この池の水は栄養豊かである。水面の50%はこの浮遊菜園にて被われ、キャベツ、にんにく、花などの水耕栽培を行っています。

■藻の沼


浄化を兼ね、たんぱく質の豊富な藻を生産しています。

■養魚池


浅いところでも3メートルの深さで、約3反(3000平方メートル)の広さです。

■浄化槽


熱帯では6頭の豚は1日あたり1立方メートルのガスを発生させます。

■多重収穫


窒素肥料分の乏しい土壌だが、豆類には適しており、養魚池の水で潅漑されます。

■熱帯きのこ


農工業からの廃棄物(ビール醸造過程から排出される麦芽粕、米殻、棉粕、など)を混ぜ合わせ、これを熱帯キノコの菌床としています。エネルギーコストのかかる環境コントロール機具は一切使わず、常温で育つ種を選んで栽培しています。

■ミミズ


野菜蛋白が動物蛋白へと転換され、ミミズは鶏や海老の餌となり、ミミズから抽出される酵素
はバイオ産業で利用されます。

■家畜小屋


家禽の育成には穀物粕、キノコの菌床、ミミズ、とあらゆる農廃棄物が飼料として与えられ、
これら家畜が食用の動物蛋白となり、また家畜の屎尿は浄化槽へと送られます。

上記の統合化されたバイオシステムは、2ヘクタールで年商約600万円を産み出します。


 ジンバブエにおけるホテイアオイを利用したキノコ栽培実践例

Posted by inkinken