コロンビアの老人ホーム

ゼロエミ式キノコ栽培実践例

tema 実践例を参考に自分なりのゼロエミ式栽培を開発して楽しんでください。


中規模栽培実践例

多少スペースがある人向けの実践例です。家庭で消費するには十分な量が収穫できます。個人で空きスペースを利用して栽培し、消費できない場合は直売所などで販売することもできると思います。

title 老人ホーム

老人ホームの食材のための栽培です。市場に近いこともあり培地の入手は容易です。日本でも楽しみながらホームの人たちが栽培してくれるような所ができるといいのですが。2003年実施

主 体 老人ホーム 培地種類 コーヒー薄皮、モロコシ芯、牧草
地 域 コロンビア 調整方法 プラバケツ石灰水浸水
規 模 中規模 水切方法 吊るし
場 所 簡易栽培小屋 接種方法 手洗・野外・手振り混合
品 種 ヒマラヤヒラタケ 換気方法 小穴法
収 量 良好 栽培容器 ビニール袋

彼がホームの農園担当です。渋いです。

中庭の日当たりがよくのどかなところでした

浸水バケツです。

この日はトウモロコシの芯に接種です。袋の口を縛って、袋に小穴を数個あけます。

菌糸が伸びてきました。名前忘れましたが、牧草です。

吊り下げての培養です。袋が伸びて破けることもあり、そこから新鮮な空気とともに雑菌もガンガン入っていっていると思いますが力強く成長してます。


トウモロコシの芯です。ここはほぼ生のトウモロコシの芯を使っていました。一度、乾燥させて組織を殺した方が発生がよくなるかもしれません。なんとなくそう思います。

コーヒーの薄皮培地です。いい感じですが、この培地ならもっと出てもいいような気がしますが。

廃培地はここへ入れます。ミミズを使って堆肥化します。

Posted by inkinken